加古川のうなぎ料理の老舗「将棋屋」は、浜松産のうなぎを使ったうな重や会席料理が好評です。

HOME 加古川 うなぎ 和食

うなぎ料理へのこだわり 加古川 うなぎ 和食
こだわり 〜その壱〜
こだわり 〜その弐〜
うなぎあれこれ

情緒ある将棋屋店内 加古川 うなぎ 和食
大正時代を感じるお座敷
お座敷から見える自慢の庭
当店ご利用の具体例

おしながき 加古川 うなぎ 和食
うなぎ料理
会席料理
限定メニュー
松花堂弁当
一品料理・お飲み物
お持ち帰りメニュー

インフォメーション 加古川 うなぎ 和食
よくあるご質問
お客様の声
リンク集
フォトギャラリー

店舗案内 加古川 うなぎ 和食
店名の由来
スタッフ紹介
アクセスガイド
会社概要
CSR

うなぎ料理へのこだわり うなぎあれこれ
  うなぎあれこれ

HOME > うなぎあれこれ


1.うなぎの生態
(1)うなぎは一般に淡水魚として知られていますが、実は海で産卵・孵化を行った後、淡水に
 さかのぼっていくという生活形態をとっています。

(2)卵から孵化した仔魚はレプトケファルスと呼ばれ、扁平で柳の葉のような形をしています。
 レプトケファルスは成長して変体を行い、円筒形の体へと形を変え稚魚(シラスウナギ)にな
 ります。

(3)シラスウナギは黒潮に乗って生息域の東南アジア沿岸にたどり着き、川をさかのぼります。
 5〜10数年かけて成長し、再び海へ戻って産卵した後、一生を終えます。

うなぎ


2.うなぎの栄養価
(1)うなぎにはビタミンA・B群・D・E、カルシウムなど体に必要な栄養素が豊富に含まれています。

(2)また、脳の働きを活発にするDHA(ドコサヘキサエン酸)や、脳梗塞や心筋梗塞等血管の病気
 の予防に効果のあるEPA(エイコサペンタエン酸)なども含まれています。

(3)しかも低カロリーで、まさに理想的な食品のひとつといわれています。

うなぎでスタミナアップ


3.土用の丑の日について
(1)土用の丑の日とは

 土用とは、古代中国で考えられた陰陽五行説に基づき割り当てられた期間で、立春・立夏・
 立秋・立冬それぞれの前18〜19日間がこれにあたります。

 よって、各季節ごとにある土用期間において、丑の日が12日に一度回ってくるわけですから
 土用の丑の日というのは、実は夏だけでなく1年間に複数存在しています。



(2)うなぎを食べる由来

 幾つかの説がありますが、江戸時代に平賀源内が発案したという説が最もよく知られています。

 とあるうなぎ屋が、夏に売れないうなぎを何とか売るために源内のところへ相談にいったところ
 源内は、「丑の日に『う』の字がつく物を食べると夏負けしない」という民間伝承からヒントを得て
 「本日丑の日」と書いて店先に貼ることを勧めました。

 すると、物知りで有名な源内の言うことならということで、そのうなぎ屋は大変繁盛しました。
 その後、他のうなぎ屋もそれを真似るようになり、土用の丑の日にうなぎを食べる風習が定着
 したということです。

土用の丑の日


お気軽にご予約・お問い合わせください。TEL:079-437-3255 / 079-437-8070
  お昼に会席料理、限定メニュー、松花堂弁当をご要望のお客様、夜ご来店予定の
  お客様についてはご予約が必要でございます。また、お昼のうなぎ定食でのご来店
  につきましても、ご予約いただけるとスムーズなご案内が可能です。
  
  【営業時間】 お昼の部:11:30〜14:00 夜の部:17:30〜21:00     アクセスマップ

ページトップへ

将棋屋 トップ

◇うなぎ料理へのこだわり
こだわり 〜その壱〜こだわり 〜その弐〜うなぎあれこれ
◇情緒ある将棋屋店内
大正時代を感じるお座敷お座敷から見える自慢の庭
当店ご利用の具体例
◇おしながき
うなぎ料理会席料理限定メニュー松花堂弁当一品料理・お飲み物
お持ち帰りメニュー
◇インフォメーション
よくあるご質問お客様の声リンク集フォトギャラリー
◇店舗案内
店名の由来スタッフ紹介アクセスガイド会社概要CSR
お問い合わせ


〒675-0126 兵庫県加古川市別府町本町1-8 TEL:079-437-3255 / 079-437-8070

COPYRIGHT(C)2008 将棋屋 ALL RIGHTS RESERVED.